忍者ブログ
まゆと基克が二人でつける忍たまなブログ、二人で忍たま、略して「2DN」。
二人でマイペースに気が向くまま、描き殴っています。
二次創作、パロディが苦手、もしくは意味が解らない方は回れ右。
そんな感じで適当にながめてください。
*非公式ファンブログですのでいかなる企業や団体とも関係はありません
*画像の無断転載、複製禁止。*公開型オンラインブックマークへの登録非推奨
*記事の中にはアニメ、原作のネタバレが含まれます。自己責任で閲覧して下さい
[808]  [525]  [527]  [524]  [523]  [522]  [521]  [520]  [519]  [518]  [517
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



綾部喜八郎 13歳 4年い組 作法委員

登場する時は大抵穴を掘ってる四年の忍たま。
穴を掘ることがよっぽど好きらしく、最終的に掘った穴(一人用塹壕)に名前をつけるぐらいである。
登場初期は、術の練習用に塹壕をほり、しっかり目印も並べておいたり、
武術大会での戦略として穴を掘るなど実用的な範囲にとどまっていたのだが
最近は特に意味もなく落とし穴を掘っては保健委員がそれにはまる、というのがお約束になりつつある。
その姿からついたあだ名は「穴掘り小僧」で、彼本人がいなくとも
穴があれば自然にその名前を呼ばれるほどの不思議な存在感を学園中に漂わせてるとかなんとか。
原作では兵太夫に「綾部先輩は天才的トラパー」と紹介されており、その落とし穴掘りの実力は、まわりもみとめるほどのものらしい。
ついでに愛用の踏鋤(ふみすき)には「踏子ちゃん」手鋤(てすき)には「テッコちゃん」という名前がついている。
一応彼が言うには、「学園内の通路は練習や訓練のために競合地域と考えてよいことになっているのでどこに罠をしかけても良い」らしい。
つまりそれにひっかかるのは忍者としての鍛錬不足、というのが彼の言い分なのだろう。
しかし四年生の長期休みがすべてナシ、になった時にはキレてそこらじゅうを穴だらけにするなどしたため、
用具委員長の食満に「穴は作法委員どもに埋めさせる」と宣言された。
他の作法委員はいい迷惑である。
性格はつかみ所がない、というのがとてもしっくりくる不思議さん。
原作では笑顔をあまり見せず、表情もあまり変わらないので何考えているのかわからない。
「おやまぁ」と人が落とし穴にかかった時の「だーいせいこーう」が口癖。ものすごくマイペース。
人との会話があまり噛み合わず、彼の掘った穴に落ちた左近に「塹壕なら最前線で掘ったらどうですか!」と言われて「その塹壕はタコ壷三号ターコちゃんだよ~」とタコ壷の紹介をしながら去って行ったり
作法委員で論功行賞を行うことになり、合戦記録を提出するようにと言われた際に入学したてだったタカ丸を捕まえて真顔で「作法委員会に入りませんか?」と現実を逃避をはじめたり謎な行動が多い。
対してアニメ版では笑顔を見せることが多く、爽やかな不思議君、となっている。
中身そのままで少し陽気になったかんじでしょうか。あいかわらず何考えているのかはわかりません。
ただ、何考えてるかわからないものの、頭が悪いとかそういうわけでは無く
ちゃんと術の解説なんかもしてくれる。ただし、穴を掘る関係の術しかいまのところ解説してくれていない。
作法委員では仙蔵に次ぐ上級生となっているが、活動中どこかに穴を掘りに行って行方不明になるし
予算委員会用にしかけた穴の罠は自分たちでひっかかっちゃうしあまり役にたっていない。
余談だが休みナシでプッツン切れて穴をほりまくっていた際に横によけられた土がプリンの形に造形されていた。好きなんだったら面白いですね。
PR
忍者ブログ / [PR]

photo by 7s
こよみ
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
イラストログ
画像ログの倉庫です。最終更新11/7
忍たまDVD化希望
DVD化希望の方は是非~
物申す
このブログへのご感想、連絡等。
お返事は連絡が必要なもの以外はお休み中です。

記事で触れてないアニメ最新話、朝小などについてのネタバレはお控え下さい。

2DN

リンクフリー。事前、事後報告不要。特に事前。
リンク先>http://2dn.jp/
バナーURL>http://2dn.jp/img/2dn_bana.gif

ブログ内検索
コミックスや関連書籍などオススメのものを。