忍者ブログ
まゆと基克が二人でつける忍たまなブログ、二人で忍たま、略して「2DN」。
二人でマイペースに気が向くまま、描き殴っています。
二次創作、パロディが苦手、もしくは意味が解らない方は回れ右。
そんな感じで適当にながめてください。
*非公式ファンブログですのでいかなる企業や団体とも関係はありません
*画像の無断転載、複製禁止。*公開型オンラインブックマークへの登録非推奨
*記事の中にはアニメ、原作のネタバレが含まれます。自己責任で閲覧して下さい
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



七松小平太 15歳 6年ろ組 体育委員

元気がありあまっている体育委員長。
いつでも元気で天真爛漫な笑顔をふりまきながら自主練にいそしんでいる。口癖は「いけいけドンドン」。
裏表の無い性格で、言いたいことは言い、やりたいことはやる。
その結果どうなるのかについては深く考えるようなことはしない。
むしろほとんど本能で動いてるんじゃないかと思うくらいの傍若無人っぷりである。
普段からよく自主練をしている姿が見られるが、自主練が好きなのは文次郎のように自分を高めるため、というよりはむしろ元気がありあまって体を動かさずにはいられないからなような気がする。
金吾にも「無駄に体力ありあまってる」と言われていたくらいだ。
結構な力持ちなのに手加減もせずに動き回るので、備品を破壊することがよくある。
特に、飛んできたものをアタックするというクセがあり、
何かが飛んでくると手近な人にレシーブをあげるよう指示をして、自らアタックを決める。
おかげで飛んできたものはほとんどの場合、壊れてしまうのである。
文次郎にも「飛んできたものをなんでもかんでもアタックするのは悪いクセだぞ」とたしなめられていたのだが
本人はまったくもって気にしていない(というかこの説教をきいていたかも謎)。
アタックの他にもシュートも得意で、なんと鉄の砲弾でも足で蹴りこむ。
そんなことしたら足のほうが無事ではすまないと思うのだが、
平気でピンピンしているのは日々のトレーニングなの賜物…なのかな?
普段かなり自由に生活しているため、下級生には「七松先輩は体力だけ」と思われているらしく
孫子の兵法について語った時にはとても驚かれた。たまには頭を使うこともするらしい。
体育委員会を「委員の中では一番の花形」と言っており、
学園で騒ぎが起こると「花形である体育委員が活躍せねば!」と嬉しそうに首を突っ込みにいく。
委員の活躍のためには自らが参戦できない場合にもせっせと下級生たちに助言をしにやってくる。
特に金吾がお気に入りらしく、登場する際は金吾の頭をつかんで無理矢理自分のほうをむかせる、という一連の動作が入ることが多い。
何故か知らないがクナイを使って塹壕を掘り進めるのが好きなようで
学園で騒ぎがあると小平太率いる体育委員が「火器には塹壕」と称して
学園中をあなぼこにする姿が見受けられる。
この塹壕、結構騒ぎが起こると爆発沙汰が多い学園では避難場所として活躍したりするのだが
後始末が大変らしく、予算会議の際には「塹壕を埋め立てるのに手間と費用がかかるから」という理由で体育委員の予算をばっさり削られてしまった。
この塹壕の他にも、ケリ破ったバレーボールなどが山となっているため
体育委員はなかなか満足に予算を割いてもらえない。
小平太はそのことについてまったくもって自業自得だとは思っておらず、むしろ予算が削られてはものすごい勢いで怒り、あの滝夜叉丸に「先輩もうよしましょう、理屈は向こうにあります」と止められたりするほどなので
今後も予算はきゅうきゅうになること間違いなしなのではないだろうか。たぶん。


今週の土日は家を留守にするためお休みです~。
なるほど、伊作の罠ですね。わかります。
PR


潮江文次郎 15歳 6年い組 会計委員

学園一ギンギンに忍者しているというもっぱらの噂の会計委員長。
とにかく熱く、鍛錬と戦うことが大好き。アニメ版での口癖は「ギンギン」である。
たまに一話の間に「ギンギーン!」としか発言しないことすらある。
結構短気で、よく怒っている為、ボケに対して「バカタレ!」とつっこむのも口癖みたいなもの。こちらは原作アニメともによく言っている。
忍者としての鍛錬をこよなく愛し寝る間を惜しんで自主練をしているため
睡眠不足でいつでも目の下にクマを作っている。
これで自分だけで鍛錬しているなら真面目な上級生で収まるのだが
厳しい鍛錬をまわりの生徒にも要求するため、下級生、特に会計委員の委員たちは非常に苦労している。
委員会で使うそろばんは彼の指示で10kgもの重さのものに変えられ、移動がてらほふく前進の鍛錬をさせられ、
決算で遅くなった夜に「寝よう」と言って池の中で立ったまま寝たりとその内容は結構ハード。
なんでも「鍛錬すれば頭も回転する」というのが彼の持論らしい。
そんなこんなで会計の決算で計算が合わない時には合うまで徹夜で計算の上にトレーニングするハメになるため、下級生は会計委員を「地獄の会計委員」と呼んで恐れている。
とりあえず会計委員は強くアレ、というのが基本なようなので
左吉が課外授業中にナワヌケが出来なかったと聞きつけた時にも、
「たるんでる!全員そろばんもってランニングだ!」と全員でランニングをさせた。
おかげで委員会中じゃない時でも、委員は気が抜けない。
乱太郎いわく「潮江先輩のいいところは自分でも走るとこ」らしいのだが、きり丸に言わせれば「あれは好きで走ってるだけ」なのだとか。当たってると思います。
負けずキライで学園内で騒ぎがあると
「他の委員に負けるな!」と嬉々として委員を引き連れ騒ぎの渦中に飛び込んでいく。
特に同じ体育会系の(委員なのに体育会系って…)体育委員と用具委員をライバル視している。
逆に保健委員や火薬委員を「ヘタレ委員」と呼んでおりどうも彼の価値基準は「戦闘能力」であるらしい。
しかし彼自身は勢いのあまり空まわりすることが多く、大抵活躍の場を逃してしまう。
そういう時に他の委員に手柄をもっていかれると頭を壁に打ち付けて猛烈に悔しがる。
その様相のすさまじさは、下級生には怖がられ、少しのことでは動じないタカ丸にまで
「どうしたの?なんなのあれ」とヒカれたくらい。それだけ悔しいってことなのだろう。
彼が壁に頭を打ち付けるたびに壁が壊れるので、用具委員長の食満はご立腹である。
忍者らしいことが大好きなので、下の学年の忍たまに「忍者たるもの~」と説教する姿をよく見る。
「忍者たるものその場にあるものを使うべし」とか「忍者たるもの味の濃淡を問わず品の多少をえらばず」とか。
はては「忍者がトコトコふつーに歩けるか!」と言ってほふく前進をさせたこともある。
特に得意武器などについて触れられたことはないが
二度ほど変装の腕前を披露しており、その変装に二度とも一年は組はコロっと騙された。
相手が一年は組なので比較しにくいが、結構いい腕前なのではないだろうか。
同じクラスの仙蔵とは仲が良い…というか、悪友的な雰囲気を感じる。
忍務などの時にはよく二人で木の上から下級生を見守っていたりするのだが
結構仙蔵に苛められ…というか、おちょくられることがあり、その度にすごい勢いで怒っている。
「バケツをもった文次郎、略してバケモン!」とか。
ある意味、すごく仲がいいのだろう。たぶん。
逆に食満とは似たもの同士なためか仲が大変悪く、顔をあわせれば喧嘩をはじめる。
たまに二人で協力したりなんかすると、下の学年の忍たまに「これは雨が降るな…」とまで言われ
しかも本当に雨がふるところが彼らのすごいところだと思う。



立花仙蔵 15歳 6年い組 作法委員

常に冷静で落ち着いている優等生。
冷静さを欠くと難しいといわれる火薬の扱いに長けており、その実力は自他共に認めるところ。
宝禄火矢、火車剣、炸裂砲弾など多種多様な火器を扱う。
常に落ち着いており、余裕ある表情を崩すことはまれ。
用具委員が図書室に運び込んだ大量の火薬ツボに、敵が放った火が着火しそうになった時にも
下級生があわてる中、「大丈夫」と一人余裕を見せ、結局火薬ツボの中身が灰だったということがわかった時に「よくわかりましたね」と言われて「火薬じゃないことくらい臭いでわかる」とことも無げに言ってのけた。
頭の回転も速いらしく、大運動会や借り物競争で選手として出場した時にはいつもまっさきに問題を解いて余裕の笑みを浮かべて駆け出している。
あまりテンパるということが無いためか、学園で騒ぎが起こった時にも
あわてるというよりはむしろ楽しんでいるような雰囲気すら感じる。
度胸が無いと務まらないと言われる作法委員の委員長を務めているだけのことはある。
わりとドライな性格をしており、悪いものは悪い、とあっさりばっさり切り捨てる。
特に身内には容赦がない。
委員会対抗の山賊退治では他の委員長たちが熱くなる中、一人だけ「山賊退治などいくさの作法の参考にもならん、つまらん」と冷めており、
その中作法委員の伝七が、1年は組に従いたくなかったという理由で山賊の根城に侵入しなかった時には
一言「アホ」とばっさり切り捨てた。
アニメ版では原作と結構違う性格をしており、原作と同じく冷静で落ち着いてはいるものの、
ドライではなくむしろ温和で優しい性格。
ただし喜三太としんべヱとは相性が悪いらしく、彼らに振り回されては最終的にプッツン切れてしまう
「厳禁シリーズ」というお話が必ず一期に一話盛り込まれる。
それでも一番はじめの頃は失敗を繰り返すしんべヱと喜三太に怒ることなく冷静でいようと努力していたのだが(まあ最終的にはプッツン切れるんですが)
最近では苦手意識が強くなってるらしく、一緒に行動するということになっただけで露骨に嫌そうな顔をしてる。
しかしそれでも「嫌」とはっきり言わずにつきあってるところを見ると、アニメ版の仙蔵はかなり優しいと思う。
原作版だったらあっさりと拒否られて終ると思います。
それから若干ナルシストなところが見られ、口癖は「完璧だ!」となっている。
他のキャラでもそうかもしれないが、アニメ版のほうが、ちょっとコミカルなキャラに仕上がってるようだ。
優しい仙蔵もそれはそれで好きです。
余談ですがはじめて原作のお話上に出てきたのは24巻(本当の初登場はたぶん絵本の「あわてるにんタマ~」だと思いますが)で、6年生で一番はじめに原作に登場したため
「6年生をはじめて見た!」「めずらしい!」とありがたがられた。
まあ本当は食満が22巻でもごもご。


竹谷八左ヱ門 14歳 5年ろ組 生物委員

漢気あふれる熱い性格をした生物委員の最上級生。
出番はもっぱら生物委員関係の時が多い。
生物委員は一番大所帯なのに委員長がおらず、
一年生が4人も居て何かと毒虫の脱走にあわせて借り出されるという忙しい委員会なのだが、
それでも結構まともに活動できてるところを見ると下級生を纏める力はあるようだ。虫はよく脱走するけど。
予算会議では強烈な臭いを発する虫を会議に持ち込んで、予算交渉の武器に使うなど
悪戯に使う頭の回転は速そう。
「一旦生き物を飼ったら最後まで面倒を見るのが人として当然」というセリフからもわかるように
物事を途中で投げ出さない正義感にあふれる性格をしている。
四年の綾部がしかけた罠を解除しないで森を出ようとしたところ、
子ダヌキがひっかかっていたと言って怒り、すべての罠を解除させた。
わりと笑顔なことが多い。ニコニコというよりはニカニカといったかんじ。
その邪気を感じない笑顔には明るく、豪快なイメージ。
敵への攻撃はもっぱら毒虫で、懐に虫がつまったツボを隠し持っている。
今のところ、主な被害者は久々知な気がする。


鉢屋三郎 14歳 5年ろ組 学級委員長

変装が得意で成績優秀な5年ろ組の学級委員長。
常に他人の顔を借りて生活しており、その素顔は先生たちでさえも知らないらしい。
かなりの実力者で、武術の達人。武術大会では優勝経験があり、
「六年より術が上手いのではないか」と噂されるほど。
たしかに一コマ変わるごとに顔が変わっている早変わりは神がかっている。
普段はクラスメートで親友の雷蔵と一緒に行動しており、変装も雷蔵の姿を借りていることが多い。
「不破雷蔵のあるところ鉢屋三郎あり」と自分でも宣言しているほど仲がよく、
雷蔵が敵にノックダウンさせられた時は一瞬冷静さを失って怒るほど。
雷蔵のまわりで居ないはずの人物か、同じ顔した人が二人いたらほぼ三郎の変装で間違いない。
雷蔵の顔の他にも、しんべヱの顔が「楽で変装しやすい」という理由で非常に気に入ってるらしく
めんどくさい時にはしんべヱの顔を拝借している他、人の顔をしんべヱの顔にメイクして
しんべヱの顔をした子を大量生産するのも得意。
たくさんのしんべヱがじょろじょろ歩き回ってる光景はなんともシュールである。
ただし顔は真似できても体格はどうにもならないらしくしんべヱの顔をしてる時でも体格は五年生のまま(しかも三郎は体格いいほう)なので、とても不気味。
女の子の変装をしても顔だけ女の子、ということになるのでこれまた不気味。
里芋行者さんの興行を手伝ってミスマイタケに変装していた時には違和感ないかんじだったので
きっと本気を出して女装すれば大丈夫なのかもしれないが、普段のお遊びでの変装ではそこまで力を入れて女装するつもりは無いらしい。
そもそも変な顔や姿ほど変装するのが好きなようで、「変装のシュミはイマイチ」と言われている。
成績、実力ともに優秀なのだが「人をビックリさせるのが好き」という困った性格をしており
生真面目な雷蔵とは対照的に、なにかにつけて変装で遊びはじめてしまう。
そのため、優等生というよりは問題児に類するかもしれない。
どんなシリアスな場面でもところかまわないので「三郎、遊ぶな!」と雷蔵や先生たちに怒られてしまうことも少なくない。ただし本人はまったく気にしていない。むしろ喜んでいるかもしれない。
変装が得意、という特技を生かして、本来セリフを言うはずの人の顔を使ってそのセリフを横取りしてしまう、というネタも彼の特技。この特技を披露した後はかならず本来セリフを言うはずだった人が「私のセリフが!」と泣くはめになる。
変装の名人なためか、他人が変装している姿にも敏感で、
敵の忍者が変装して潜入して来た時には、よく「あの顔は気に入らない…」といらだってみせる。
普段どんなことがあっても遊び心を忘れないのに、変装している敵にだけは容赦がないようだ。


昨日の落描き、三郎と雷蔵の間にきてしまうことが判明したので下げました(笑)
やはり親友同士は並んでてほしい気持ちです。

忍者ブログ / [PR]

photo by 7s
こよみ
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
イラストログ
画像ログの倉庫です。最終更新11/7
忍たまDVD化希望
DVD化希望の方は是非~
物申す
このブログへのご感想、連絡等。
お返事は連絡が必要なもの以外はお休み中です。

記事で触れてないアニメ最新話、朝小などについてのネタバレはお控え下さい。

2DN

リンクフリー。事前、事後報告不要。特に事前。
リンク先>http://2dn.jp/
バナーURL>http://2dn.jp/img/2dn_bana.gif

ブログ内検索
コミックスや関連書籍などオススメのものを。