忍者ブログ
まゆと基克が二人でつける忍たまなブログ、二人で忍たま、略して「2DN」。
二人でマイペースに気が向くまま、描き殴っています。
二次創作、パロディが苦手、もしくは意味が解らない方は回れ右。
そんな感じで適当にながめてください。
*非公式ファンブログですのでいかなる企業や団体とも関係はありません
*画像の無断転載、複製禁止。*公開型オンラインブックマークへの登録非推奨
*記事の中にはアニメ、原作のネタバレが含まれます。自己責任で閲覧して下さい
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



不破雷蔵 14歳 5年ろ組 図書委員

優柔不断なところがたまにキズの5年の忍たま。
優しい性格をしており、先輩としてなにかと1年は組にアドバイスを送ることが多く、慕われている。
いつもニコニコしており質問をされても嫌な顔一つせず答えてくれる。
昔は真面目すぎて融通がきかないところがあったが、
学年混合オリエンテーリングで乱太郎とペアを組んでから茶目っ気が出て、冗談も通じるようになった。
優秀なのだが、一つだけ、よく「迷う」という忍者としては悪い癖があり
これのおかげでなにかと行動が出遅れてしまいがち。
学年混合オリエンテーリングではペア相手の乱太郎を誰かと変更してもらったほうがいいと同級生に言われて迎えに行くか迷っていて出発が最後になり
宿題を下級生のものと間違って配布された時には「これにはいったいどうゆう意図が!?」と迷って結局休みが終るまでに宿題を終らせられなかった。
そんなクセのおかげで担任の先生には「忍者にとって致命的」と指摘され3年の左門にまで「迷うなんて忍者らしくないタイプは不破先輩ぐらい」と言われてしまった。
他の実力は申し分ないだけに、卒業までにこのクセがぬけるといいですね。
落乱中ではずっと迷っていてほしいですが。
ついでに迷って迷って迷うわりには、最終的な行動はかなりおおざっぱ。
思いつきはいいのに「ま、いっか」というかんじで豪快にきめてしまう。
ユキちゃんの星占いいわく「優しいけど自己主張が下手、困ってる人はほおっておけない性格だけどおおざっぱ」らしい。
悩みすぎると細かいこと考えたくなくなるんだろうか。
クラスメートの鉢屋三郎とはとても仲がよく、親友同士。
大抵は一緒に行動しており、なにかと悪ふざけて暴走しがちな三郎のストッパー役として、日々奮闘している。
蜂屋が自分の顔に変装するのは「困った奴だなぁ」とは思っているようで、最初は「お前なー!」とつっこんだりしていたのだが最近では当たり前の光景になりすぎて止めるのは諦めたようだ。
委員会は図書委員で、五年ではめずらしく6年の委員長がいる委員所属なのだが
委員長の中在家長次がかなりの無口なため、彼の言いたいことを代弁したり
下級生の面倒を見たりと、結局忙しい。
PR


尾浜勘右衛門 14歳 5年い組 ???委員会

原作13巻で登場して以来、まったく出番が無く、
16年目、46巻にしてはじめて再登場、名前が判明した五年生。
まだあまり性格はつかめてませんが、とりあえず
明るめの性格、熱血系、若干ついてない感がある、という感じ。
雑渡昆奈門さんに久々知、竹谷と共に挑んだ際には、
久々知と竹谷の見事な息のあってなさっぷりに巻き込まれてまったく忍術の腕を見せられなかったので
能力などについても不明。ついでに委員会もまだ不明。
次の巻での活躍に期待。



久々知兵助 14歳 5年い組 火薬委員

真面目な優等生の5年の忍たま。
忍術学園の大運動会の際に、リレーのバトンに豆腐を引き当てて以来「豆腐小僧」というあだ名で呼ばれている。
最初は豆腐に聞いて質問されると「何故俺に聞く!?」とあだ名に否定的な態度だったのだが
その後まったくよどみなく豆腐の説明を一通りしており、なんだかんだ言って豆腐が好きらしい。
食堂のおばちゃんに「今日は好きなもの作ってあげるよ」といわれた時には
見事に豆腐三昧なメニューを注文し竹谷に「トーフ料理ばっかりじゃん!」と突っ込まれた。
成績はたぶん優秀。土井先生に術の説明をまかされた時もスラスラと回答し、
間違って6年生の宿題を課せられた時には背中に矢がささったボロボロの状態ながらなんとか期日内に課題を果たして登校してきた実力派。
委員会は火薬委員で、44巻現在6年生が不在のため、実質的に委員長代理的立ち位置。
火薬委員は4人しか委員がいない上に、上級生二番手が実質最低学年のタカ丸で
その次が二年生の三郎次という人手不足っぷりなので、苦労は耐えないよう。
会計委員の三木ヱ門が石火矢を打つたびにかり出されるし、
タカ丸の天然ボケのせいで予算は0になるし、文次郎に対抗してくれる6年はいないしで
はやく委員長来てくれないかなぁ…と思っているに違いない。
先述の、「豆腐をバトンに引き当ててしまったが故のあだ名」と、「見事6年生の宿題をひきあててしまったこと」とあわせて考えると、そうとう苦労性なんじゃないかと思える。


先日ちょっとあったのでお願いなんですが、
朝小のネタバレとかはメルフォで送らない方向でお願いできればと思います。
基本的に朝日は読まないで単行本を楽しみにしてますのでー!
キャラ考察も単行本が出てるまでの情報で書いてますので、ご了承をお願いします。


斉藤タカ丸 15才 4年は組 火薬委員

元髪結いの途中編入生。
学園に入るまでは町で髪結いをしていたのだが、
死んだ祖父の元にまい込んだ忍務をきっかけに実は実家が忍者の家系と知り忍術学園に編入した。
本来なら6年生の年齢なのだがさすがにいきなり6年生は大変なので4年生からの編入になった。
そのため同級生と一緒に行動していても頭一個背が飛びぬけており
まわりから「さん」付けで呼ばれている。
祖父が抜け忍であったため、しばしば命を狙われており、
しばらくの間どこの忍組の抜け忍かがさだかでは無かったが、
最近になって「ウスタケ城」の抜け忍であったことがわかり、色々あってようやく組織を抜けることを認められた。
実家が忍者と知るまでは真面目にカリスマ髪結いを目指して頑張っていたので
髪結いの腕は父に及ばないまでも相当なもの。
亡き祖父にかわって忍務を遂行しようと頑張ったときに「辻切り」ならぬ「辻刈り」をしており
一瞬で人の髪型を変えてしまうその技はまさに神業。
土井先生に変わり衣の術を教えてもらった時に「早変わりなんて無理ですよ」と言っていたが
むしろその早刈りのほうが無理ですから。
その髪結いの腕のおかげでくの一からの人気はピカイチ。
おかげでくの一から結構な人気がある。
本人も人の髪の毛は気になるようで、まったく手入れのされていない土井先生の髪の毛を見て、思わずむしりとって怒ったほど。髪結いとして、手入れのなってない髪の毛は許せないらしい。
性格はのんびり屋で、素直。
すでに6年生の年齢にもかかわらず、まだ入学したてなので1年は組に混じって基本を学んでいた時には
「年下と一緒になんて嫌じゃないですか?」という問いに「知らないことを教えてもらうのに歳は関係ないよ」と答えており、温和な人柄をのぞかせている。
はやくみんなに追いつこうと「タカメモ」なるメモを持ち歩いてここぞという時にメモをしているようなのだが
そのメモを取る場所が若干ズレてることが多くよくつっこみを受ける。どうやら少し天然も入っているっぽい。
予算会議の時には火薬委員の予算に甘酒を計上しようとしたツワモノ。
「火薬倉庫は寒いから」との理由だったが文次郎に思い切り却下され、
予算を0にされてしまったので久々知が泣くハメになった。
余談だが忍術学園へ入学以前から小松田さんとは面識があったらしい。
父がカリスマ髪結いなので、なにかと顔が広いのかもしれない。
090218_01.jpg

田村三木ヱ門 13歳 4年ろ組 会計委員

火器などの過激な武器が大好きな自称「学園のアイドル」
顔はたしかにカッコイイけど性格は滝夜叉丸とどっこいくらいのナルシスト。
彼もまた、「実技、教科ともに学年一」と豪語している。
間違って五年生の宿題を出された時に、余裕をもってこなしていたところを見ると
たしかに実力者ではあるらしい。たぶん滝夜叉丸と成績トップの座を争っているに違いない。
火器、特に石火矢などの派手な武器が大好きで、自分が所有する石火矢に一つずつ女の子の名前をつけ、
朝一緒に散歩を楽しむなどほとんどペット感覚で可愛がっている。
その愛は相当なもので、無理な撃ち方をして石火矢が壊れてしまうと泣いて悲しむほど。
とても目立ちたがりで、むやみに火器を使いまくるので、彼に破壊された忍術学園の施設は櫓、倉庫、倉…など数知れない。カギがかかっていたり、入れないところには高確率で石火矢を撃っている。
修理費とかどうなっているんだろうか。用具委員ががんばってるのかな。
かなり高額だと思われる石火矢を、複数種類、結構な量所有しているので
もしかしたらどっかの金持ちの息子なのだろうか、と思うのだが原作中では特に両親についてなどの説明は無い。
もしかしたら…孫兵と一緒で学園の経費だったりして。
火器などについての知識はかなり豊富で、さすがに自分で「火器を扱わせれば学園一」と言ってるだけのことはある。ただしプロから言わせるとまだまだ甘いようで
虎若の家の火縄銃の名手、照星さんを手伝った時に火縄銃の使い方について結構注意をうけてしまった。
おかげで大分へこんだようだが、最後には「長期休みに火縄銃について教えてほしい」と申し出ていた。
好きなものにはあくまでも真面目なところは彼のいいところだと思う。
その後、一度は四年生の休みがなくなってしまったため、チャンスを逃したが、
次の休みには虎若と二人で照星さんに火縄銃の指導をしてもらっていた。
会計委員会では文次郎につぐ上級生で、決算の際に遅くまでのこって決算書を纏める文次郎に最後までつきあうのはいつも彼である。
下級生たちはみんな粘りつつも寝てしまうので、そんな後輩たちを起こしてまわったり、文次郎をサポートしたりと結構上級生として役に立っている。
四年生の長期休みがすべてなくなってしまった時には、ヤケクソで一人で会計帳簿を完璧に仕上げてしまったらしい。
同じ委員会で三年の左門とはかなり仲が悪いようだが、それでも最後には彼の面倒を見てやってるので
集団行動の中では結構な戦力になるのではないだろうか。
ただし、学園で騒ぎが起こって文次郎が燃え上がると「落ち着いて」と止めるどころか一緒になって参戦し、最終的にどこかで一発石火矢を撃って何かを破壊するので、ストッパーとしての役割はまったくといっていいほど果たしていない。

忍者ブログ / [PR]

photo by 7s
こよみ
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
イラストログ
画像ログの倉庫です。最終更新11/7
忍たまDVD化希望
DVD化希望の方は是非~
物申す
このブログへのご感想、連絡等。
お返事は連絡が必要なもの以外はお休み中です。

記事で触れてないアニメ最新話、朝小などについてのネタバレはお控え下さい。

2DN

リンクフリー。事前、事後報告不要。特に事前。
リンク先>http://2dn.jp/
バナーURL>http://2dn.jp/img/2dn_bana.gif

ブログ内検索
コミックスや関連書籍などオススメのものを。