忍者ブログ
まゆと基克が二人でつける忍たまなブログ、二人で忍たま、略して「2DN」。
二人でマイペースに気が向くまま、描き殴っています。
二次創作、パロディが苦手、もしくは意味が解らない方は回れ右。
そんな感じで適当にながめてください。
*非公式ファンブログですのでいかなる企業や団体とも関係はありません
*画像の無断転載、複製禁止。*公開型オンラインブックマークへの登録非推奨
*記事の中にはアニメ、原作のネタバレが含まれます。自己責任で閲覧して下さい
[672]  [671]  [670]  [669]  [668]  [667]  [666]  [665]  [664]  [663]  [662
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



*今日のアニメのネタバレ含みます↓
今日のお話、思ってたのと違いましたが、話の流れがお約束じゃなくてとても面白かったです~!
先生の誕生日のことを聞きつけて、ギクシャクしちゃう伊助めちゃ可愛かったです。
きっと「秘密で準備したほうがきっと喜ばれる!」と思って、
悟られないように頑張っちゃったんでしょうね。
すごいわかりやすくて伊助らしいなと思いました。嘘がつけない性分なんですね。
土井先生も土井先生で、気づかないふりをしておけばいいのに
気になって見にいっちゃうとか可愛かったです。
きり丸が土井先生の誕生日知らないのは意外でしたが、
「土井先生、ああ見えてプライベートなこと話さないから…」というセリフに
二人の共同生活模様が垣間見えて興味深かったですね。
土井先生は、自分でそういうとこ(プライベートなこと話さないところ)にあまり気づいてないのかな、とも思いました。
しんべヱのおまんじゅうケーキは子供らしい発想で可愛かったですが
きり丸のゼニは「きり丸が人にゼニ渡すの!?」とびっくりしました。
もしかしたら共同生活のタシになると思ってるんでしょうか。
じゃないと人にゼニを渡すという行為をきり丸がするとか想像が出来ません。
乱太郎の絵を描く、というのは小さくてお小遣いとか無い頃はよくやったなぁと。
きっとみんな一回はやるんじゃないでしょうか。壁に貼ってもらえたりとかするとすごい嬉しいですよねアレ。
しかし乱太郎の絵が10歳レベルではなくてすごかったです。羨ましい。
喜三太のナメクジは…想定内です(笑)
そして庄ちゃんですが、「土井先生が一番喜ぶのは僕たちが勉強することだ!」
と自信満々に言い放ったところはすごいカッコイイ!と思いました。
でも、大人って子供が思う程大人じゃないんですよね。
子供の頃は大人は子供が喜ぶようなことでは喜ばない、とたしかに私も思ってたフシがありますが、
勉強してくれたらすごく嬉しいけど、やっぱり何か一つ、お祝いしてもらえると大人でも嬉しいもんです。
なによりアニメで喜んでる大人がここに一人…(苦笑)
土井先生の最後の結論は、なんだか愛情一杯でやっぱりいい先生だなと思いました。


忍たまグッズ、また追加になってましたね~。
携帯シールが携帯の画面用のだったら嬉しいナァと思ったんですが
あれはたぶん普通のシールっぽいですね。
クッションの絵柄に三治郎、兵太夫、団蔵、喜三太が入っていて、
ようやく一年は組にも光が!と地味に嬉しかったです。
グッズ続々で、今後を期待せざるえません。ワクワクする…!


30日0時の方>こんばんは、いらっしゃいませ。
アニメ感想、楽しみにしていただけてるとのことでとても嬉しいです。ありがとうございます。
アニメで感想の絵がついて無い日もたしかにありますが、
基本的にその日描きたいものを描くというブログなので、大目に見ていただけたらと思います。
私服のデータベースなども、参考にしていただけてるようで、今後の励みになります。
これからもノンビリと更新していきたいと思っておりますので
またのお越しをお待ちしております。
PR
忍者ブログ / [PR]

photo by 7s
こよみ
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
イラストログ
画像ログの倉庫です。最終更新11/7
忍たまDVD化希望
DVD化希望の方は是非~
物申す
このブログへのご感想、連絡等。
お返事は連絡が必要なもの以外はお休み中です。

記事で触れてないアニメ最新話、朝小などについてのネタバレはお控え下さい。

2DN

リンクフリー。事前、事後報告不要。特に事前。
リンク先>http://2dn.jp/
バナーURL>http://2dn.jp/img/2dn_bana.gif

ブログ内検索
コミックスや関連書籍などオススメのものを。